NaomiTokyo東京ナオミ

大坂なおみちゃんの大ファンです!

マインドマップのブザン氏が亡くなりました。

 

マインドマップという思考・発想法のツールをご存知でしょうか?

 

f:id:NaomiTokyo:20190416111252j:plain

 

マインドマップは英国のトニー・ブザンさんが提唱した思考・発想法の一つで、メモ術・ノート術でもあります。

たとえば罫線のあるノートだと、メモを取るときに罫線に沿って上から下に書いていくと思います。

これって脳の使い方、頭の中の動きや頭の中で起こっていることと違うメモの取り方なので、備忘録としてはいいかもしれませんが、脳力開発には役立ちません。

マインドマップは、ふつうにノートに書くのではなく、脳の働きに沿って目に見える形でアウトプットする思考ツールのことです。

だから形が放射状になっているんですよね。

 

f:id:NaomiTokyo:20190416112435j:plain

 

マインドマップの作成プロセスを通じて、思考力、記憶力、理解力、集中力、発想力、問題解決力などの向上を図ることができると言われています。

私が初めて知ったのは、もう10年以上前だと思いますが、それ以来、マインドマップの手法を使ってメモを取ったり、仕事に活用したりしています。

マインドマップは世界中で使われているツールですが、その開発者のトニー・ブザンさんが4月13日にお亡くなりになったそうです。

76歳でした。

とても残念ですが、仕方ありませんね。

故人のご冥福を衷心よりお祈りいたします。

マインドマップに関しては、たくさんの書籍やソフトウエアがありますが、おそらく最後の著作となったのは『マインドマップ 最強の教科書』(日本語版)、『Mind Map Mastery』(原著英語版)だと思います。

まだマインドマップに触れたことのない方は、これだけでもお読みになると良いかもしれません。