NaomiTokyo東京ナオミ

大坂なおみちゃんの大ファンです!

写真のデータ保存形式の違いを知ってますか?

みなさん、こんばんは。

今日の東京は多少雲ってはいましたが、晴れでした。

昨日に引き続き暑くなりましたね。

明日は打って変わってまた気温が下がるようです。

 

テニスのマイアミ大会は、この後、午前1時過ぎから女子シングルスの大坂なおみ選手、男子シングルスの錦織圭選手が登場します。

二人とも頑張ってくださいね!

 

最近、カメラというか写真に興味があるんです。

f:id:NaomiTokyo:20190323000142j:plain

特にモノクロの写真ですねー。

はてなブログで素敵な写真を載せている方のブログも読ませていただいています。

自分でも撮ってみたいなぁとは思うのですが、高いカメラを買う余裕もないですし、もっぱら目で楽しんでいます。

今はスマホカメラの性能も良くなったので、モノクロ加工のできるアプリを使って、スマホでは撮ってみたいと思いますねー。

f:id:NaomiTokyo:20190323000812j:plain

それで良さそうなアプリを探していたんですが、いろいろな保存形式があると改めて気づいたんです。

JPEGやRAW、TIFFとか。

みなさんは、それぞれどういうメリットやデメリットがあるかご存知でしょうか?

一般的なのはJPEGで素人が撮影する分には、大抵はJPEGで問題ないらしいです。

ただデメリットとしては、画像編集の際にRAWやTIFFと比べて調整範囲が狭く、編集して保存するたびに画質が劣化するみたいですね。

なので、特に編集する必要とかなければJPEGでOK!

TIFFは画質や画像編集でJPEGより優れているものの、汎用性が劣るようです。

また容量が大きいので、保存スペースを取ってしまうというデメリットもあるそうですよ。

RAWは撮影後に編集する前提のファイル形式で、プロやアマチュア愛好家の方たちが好んで使用している保存形式みたいですね。

ただし、RAW専用のソフトが必要な点がデメリットで、同じRAWでも各カメラメーカーで独自のRAWを作成しているため互換性がないらしいんですね。

という感じで素人の私にはちんぷんかんぷんですが、とりあえずJPEGでOK、撮影に慣れてきていろいろ自分で編集したくなってきたらRAWと解釈いたしましたー。

それではまた、ごきげんよー!

 

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041