NaomiTokyo東京ナオミ

大坂なおみちゃんの大ファンです!

点字ブロックを開発したのは日本人なんだぁ。

 

久しぶりにGoogleのトップページを見ると、点字ブロックの動画がありました。

 

f:id:NaomiTokyo:20190318124039j:plain

 

カーソルを置いてみると、「三宅精一を称えて」と書いてあります。

どんな方か知らなかったので調べてみると、世界で初めて点字ブロックを開発して設置した方なんですねー。

まったく存じ上げませんでした。

日本人の方が開発していたんですね。

お友だちの失明をきっかけに1965年に「視覚障害者誘導用ブロック(通称・点字ブロック)」を発案・発明して、1967年の3月18日に三宅さんが暮らす岡山県内の盲学校近くの交差点に第一号の点字ブロックが敷設されたそうです。

その後、全国約4,000の市町村に、この「点字ブロック」を寄贈しています。

うーん、すごすぎて言葉になりません…。

しかも今まで知らなくて恥ずかしい限りです。

今日はGoogle先生にいいことを教えていただきました。

ありがとうございます!

そういえば、以前、点字ハンバーガーの記事を読んだことがあります。

 

f:id:NaomiTokyo:20190318124111j:plain

 

2011年に南アフリカのWIMPYというハンバーガー屋さんが、PR活動の一環ではあるものの、「点字バーガー」を作って目の不自由な方に食べていただいたという記事です。

バンズの上にゴマで点字メッセージ「100% PURE BEEF BURGER MADE FOR YOU」が書いてあり、安心してハンバーガーを口にすることができるようになっていたんですね。

どういう文言を書くべきなのかは別として、なんか心がほっこりするすごいいいアイデアだと思うのですが、その後、こういうサービスがどこかの企業で行われたというのは聞いたことがありません。

実際にサービスとして提供するには、特に大きな企業ではコスト的な面から導入が難しいのかもしれません。

でも、視覚障害の方の固定客がいるような、逆に小さなお店であれば、こういうちょっとした心遣いのサービスが提供できるかもしれませんね。