NaomiTokyo東京ナオミ

大坂なおみちゃんの大ファンです!

モホロビチッチ不連続面がなぜか気になった。

みなさん、こんにちは。

今日の東京は晴れましたねー。

少し風が強いですが、暖かくなって良かったです。

でも、花粉症の人にとってはつらい条件がそろってしまいました…。

 

昨日、電車に乗っていたら、『自衛隊防災BOOK』という本の広告が貼ってあったんです。

 

自衛隊防災BOOK

自衛隊防災BOOK

  • 作者: マガジンハウス,自衛隊/防衛省協力
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 30万部も売れているみたいで、そろそろ東北大震災のあった3月11日を迎えますし、みんなの防災意識が高まっているのかなぁ、なんて考えていたら、ふと頭の中に浮かんだ単語が「モホロビチッチ不連続面」でした。

f:id:NaomiTokyo:20190308134154j:plain

確か、高校生くらいのときに勉強しましたけど、詳細はよく覚えていません。

なぜ頭に浮かんだのか不明でしたが、地震と何か関係があるのかもしれないと思い調べてみましたー。

すると、地球内部の地殻とマントルを分けている部分が「モホロビチッチ不連続面」でした。

地震波の伝わる速度が、地殻の部分とマントルの部分で違うので、地震波が境界面の「モホロビチッチ不連続面」に達すると地震波速度が急に速くなるようなのです。

そのため、地震が起きてから、ある地点にゆれが届くまでの時間は、震源地からの距離に必ずしも比例するのではなく、震源地から遠い場所であっても、予想より早い時間にゆれたりするという。

うーん、わかったようで良くわからない…。

でも、なんか地震の予測に大事だってことは分かりましたー。

www.s-yamaga.jp

でも、なんで急に「モホロビチッチ不連続面」が気になったのかなぁ。

潜在意識に何かが刷り込まれていたのかもしれません。

そういえば、ちょっと前にこんなニュースを見ていました。

www.fnn.jp

たぶん、ニュースや広告でみた地震のイメージから、高校生のときに勉強した「モホロビチッチ不連続面」という言葉が呼び出されたのでしょう。

備えあれば患いなしなので、防災の準備をしておいたほうがいいですよね。

f:id:NaomiTokyo:20190308140432j:plain

東京では、「東京防災」という本やアプリを作っているので参考にしましょう!

www.bousai.metro.tokyo.jp

アプリは早速ダウンロードしちゃいました。

それではまた、ごきげんよー!

 

防災セット 地震対策30点避難セット 避難生活で必要な防災グッズをセットした非常持出袋

防災セット 地震対策30点避難セット 避難生活で必要な防災グッズをセットした非常持出袋