NaomiTokyo東京ナオミ

大坂なおみちゃんの大ファンです!

英語上級者への道に避けて通れないものとは?

みなさん、こんにちは。

今日の東京は雨です…。

春はもうすぐかなぁと思っていたのですが、気温も下がって冬に逆戻りな感じです。

今日で2月も終わり。

2019年もあっという間に2カ月たっちゃいましたねー。

成長しても、何の成長もしなくても、時間はどんどん過ぎてゆきます。

残酷な現実ですね…。

新年の1月に誓ったはずのいろいろな決意も、だんだん鈍ってくる今日このごろ。

でも、新年度の4月も、何かをスタートするいいきっかけになりますよね!

個人的には、1月・4月が気分一新できて大好きです。

ということで、4月まであと1カ月、改めて英語を勉強しようかなーという人もいると思います。

f:id:NaomiTokyo:20190228131938j:plain

語学の天才や帰国子女などは別にして、ノンネイティブであれば、基礎的なことは身についたんだけど、なんか行き詰まってしまったという時期があると思います。

中学校レベルが終わって、高校生くらいが学習するレベル感のときでしょうか。

英語の文章全体をみて日本語に翻訳する、いわゆる英文和訳はできるんだけど、英語をその順番どおりに理解することができない、というときの伸び悩み。

有名な話ですが、このときに必要な学習法はやっぱり「サイトトランスレーション(sight translation)」、通称サイトラだと思います。

通訳者を目指す方は必ずサイトラでトレーニングするんですけど、一般の方は必ずしも全員の方はやっていらっしゃらないですね。

f:id:NaomiTokyo:20190228133240j:plain

ごくごく簡単に言えば、英文を「チャンク」と呼ばれる意味のかたまりごとに区切って前から後戻りせずに訳していくトレーニング方法です。

これを繰り返し練習することで、ネイティブと同じように英語を理解できるようになります。

つまり、

  • ネイティブと同じような思考回路で英文が読めるようになる
  • ネイティブと同じような思考回路で英語が聴きとれるようになる
  • ネイティブと同じような思考回路で英語が話せるようになる
  • ネイティブと同じような思考回路で英語が書けるようになる

ということなんですよねー。

このトレーニングのための良い教材はたくさんありますが、その中でも特にお勧めなのは、東京SIM外語研究所さんの「スーパーエルマー」です。

 

東京SIM外語研究所さんは、なんと1966年からこの同時通訳方式(サイトラ)の教材を制作・販売しているそうです。

CBSコースのほうは内容も最新版(2018年の放送からピックアップ)に変わっているようなので、旬な話題を教材に英語力を伸ばすことができると思います。

「1日1分! 英字新聞」の石田健さんも勧めていまーす。

 

ビジネスですぐに役立つ1日1分! 英字新聞 (祥伝社黄金文庫)

ビジネスですぐに役立つ1日1分! 英字新聞 (祥伝社黄金文庫)

 

それではまた、ごきげんよー!